怒濤の農村ライフ風雲録―北海道の爆笑マイペース田舎暮らしエッセイ

怒濤の農村ライフ風雲録―北海道の爆笑マイペース田舎暮らしエッセイ
冨田 きよむ
怒濤の農村ライフ風雲録―北海道の爆笑マイペース田舎暮らしエッセイ
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 477990位
おすすめ度:
発売日: 2000-09
発売元: 山と溪谷社
発送可能時期: 通常1〜2週間以内に発送

『ウッディライフ』71号より2年以上もつづいているスーパーエッセイに大幅に加筆。自然な文章が、ありのままに農村家族の生活を映し出すとともに、独特のユーモアが読者を爆笑の渦に巻き込む。有珠山の噴火騒動もたっぷりと盛り込む。

知人の家の漬け物をむさぼるかと思えば近所の奇人におののき、教育問題に鋭く切り込んだりもするエネルギッシュな筆致は、文句なしのエンターテイメント。10年前から農家になった筆者が見た、農村の驚くべき素顔とは。男の本音エッセイ、堂々刊行。

冨田 きよむ 1958年、北海道生まれ。22歳から5年間、通信社のカメラマンとして活躍。27歳で北海道にUターンし、炭鉱で2年半働いた後、伊達市にバラ園「ファーマーズバスケット」を開く。試行錯誤を重ね、ドライフラワー用に最適な栽培方法を確立。その品質は関係者に高く評価されている。夫婦での共著に「農家のためのドライフラワー」「身近な花でドライフラワー」がある。また、2000年3月の有珠山噴火を、被災者の視点でいち速くインターネットで発信。避難生活も味わったが、歯に衣着せぬ独特のキャラクターとバイタリティは健在である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)