古民家物件の選び方

古民家などの古い建物は、まず屋根と土台をみましょう。屋根から雨が漏っていると建物全体にかなりの悪影響を与えてしまいます。

次に土台は腐っていたりしていないか、シロアリにやられていないかを調べましょう。屋根と土台がしっかりしていれば内部をリフォームしてりっぱな古民家として再生できるでしょう。

古民家の内部の汚れや建物以外の雑物、不要物にはあまり目を奪われないようにしましょう。雑物や不要物は破棄してしまえばよいのですし、汚れた柱も磨けばきれいになることがほとんどです。

古民家の再生は、主に柱と梁、建具などを生かして行うので、これらの状態が重要です。屋根材や壁、床などはその状態によって必要ならば取り替えることができるので、それほど気にしなくてもよいでしょう。

大黒柱が一尺以上の太さがあれば、梁もかなりしっかりしたものであると期待できます。