子供たちの学校

Q,子供たちの学校があまりにも遠いような・・・

お子様が小学生や中学生の場合、学区があまりにも広いことに驚くはずです。
しかし、住む地域によってはスクールバスを導入している地域もあります。

よほどの過疎でない限り、ご近所の子どもたちと一緒に集団登校することになり、そんな子ども同士のなかで、たくましく育ってくれるのではないでしょうか?

心配要りません。自然が子供たちをたくましく育ててくれます。

あなたが子供さんを連れて田舎に移住しようと思っているなら、住環境の条件に学校を加えずにはいられないでしょう。

残念なコトですが最近は田舎でも子供を通学させられないような世の中になってきました。

子供は自分たちで守らなければならない時代になってしまったのかも知れません。そこで問題になるのが田舎の校区は都会では考えられないくらい広いということです。

何キロもの道のりを歩いて登校している小学生がたくさんいます。

ところが昼間でも寂しい田舎道はそこかしこにのです。

辺ぴな場所に住むのはリスクが大きいと言えます。距離だけではありません。

田舎では全生徒が10人未満という小学校がいくらでもあります。

学年に一人しかいないことも珍しくありません。

人数より先生の人数が多い学校も現実にあります。

マンツーマンの教育がイジメが少ないといった利点もありますが、競争心を育てたり社会性を学ばせるという点では刺激が少ないと言えます。

子育てという面では地場産の安全な食材で育てたり、大自然の中でおおらかに育てたりといろんな理想があるでしょう。
現実を知らずに理想だけを追い求めるのは危険です。
立地条件だけでその裏に現実を調査して移住を決断してください。