田舎暮らし古民家

古民家とは、農村民家、都市民家があります。”くど”や”いろり”の煙で、燻された材料には得難い色調があります。仕口、継手という取合部は、見事な加工が施され、材料は迫力ある檜、欅などで構成されています。おおよそ築年数100年からのものです。

田舎暮らし古民家一覧

古民家リサイクル
古民家の古材を新築の住宅の柱や梁に再利用することが、近年可能になってきました。日...
古民家移築再生
古民家の移築再生は、解体費の他に運搬費もかかります。ただし、運搬するのは部材だけ...
古民家全解体再生法
古民家を一度取り壊してから、再構築する再生法です。古民家を再生する手順としては、...
古民家再生法
古民家が比較的しっかりしているときには、屋根や土台、構造体をそのままに、外装や水...
古民家物件の選び方
古民家などの古い建物は、まず屋根と土台をみましょう。屋根から雨が漏っていると建物...
古民家のいいところ
古民家のよいところは、大黒柱や梁組の美しさにあります。古民家でも暮しにあわせて間...
古民家の補修ってどれくらいかかるの?
空家になった古民家はもろく、水回りを中心に痛んでいき、床が抜けてそのうち屋根まで...
古民家100年!?
古民家は現在の木造住宅の2〜3倍の太さの通し柱を部材としてぜいたくに使っている。...