女性に多い薄毛原因

びまん性脱毛症

頭髪全体の髪が均等に脱毛し、毛髪が全体的に薄くなります。これは「女性の薄毛」の悩みに多い脱毛症の一つです。中年以降の女性によく見られるこの脱毛症の原因は、老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアがあげられます。
男性型脱毛症(AGA)と違い、前頭部のヘアライン(生え際)が後退するのではなく、頭髪全体が均等に脱毛するので、脱毛部分の境界がはっきりしません。


分娩後脱毛症

妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモン)などの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後一気に休止期に入ってしまうために、出産後に抜け毛が多くなっていき、髪が薄くなってしまいます。


男性型脱毛症

女性にも男性型脱毛症が増えているようです。男性型脱毛症の原因はデヒドロテストステロンと言われていますが、これは女性の体内でも生成されます。女性の場合エストロゲンとプロゲステロンという物質が、デヒドロテストステロンが毛根を破壊するのを保護してくれます。しかし、年齢が増すにつれて(特に月経閉止期後)エストロゲンレベルが不安定になりデヒドロテストステロンの生産が増す事によって女性にも脱毛が起こるようになります。