女性の薄毛対策 髪質変化

実は女性の髪の毛は年齢によって変化するのです。その上、夏は髪の毛も日焼けするため、ますますツヤツヤ髪から遠ざかってしまうなんてことに…。

髪がやわらかく細く、猫ッ毛のような感触になります。
卵巣機能の低下によってホルモンバランスが変化することも影響します。

40才代の変化について、全体のボリュウムが減ったと感じる人は、約80パーセントに及びます。

女性の育毛は体の中からも男性に混じって活躍する女性は、髪だけでなく体にとってもいい環境とはいえず、いろいろな障害がおこりやすく。

また女性特有の冷え=冷房や冷たい飲み物や生理不順が、若いのに更年期とおなじ障害をひきおこし、それが薄毛にも影響しています。

更年期となりホルモン支配が変わると回復が困難になるし、回復が遅れると考えて、今のうちに本格的な手当をすることをおすすめします。

加齢による変化は自然なこと、顔にシワやたるみが増えるのと同じように髪も細くなりコシを失ってきます。

これは健康な状態での正常な変化です。

女性の薄毛の原因には、貧血、栄養の偏りや、ストレス、出産後の一時的な脱毛、頭部の皮膚炎や甲状線疾患など代謝性疾患による場合もあります。

例えば、妊娠出産を経験された方はご存知かと思いますが、お腹の中の胎児に栄養を供給したり、出産のストレスがかかったり、ホルモンバランスの変化で、産後にかなり髪が傷んでいることや、
髪が減ってしまったことを気付かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ホルモンバランスが原因の場合は、バランスがとれてくれば、髪の毛は数ヶ月で元に戻ります。

栄養不足が原因の髪の痛みであれば、その栄養分を補給すれば、髪質改善できますね。ストレスが原因の場合もそれを取り除くことが大切となります。