ほくろとは?

ほくろホクロ)は黒アザの一番小さい形であり、医学用語では色素性母斑(しきそせいぼはん)あるいは母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)と呼ばれています。

ほくろホクロ)は、母斑(色素)細胞というメラニン色素を持つ細胞(メラノサイト)の増殖巣よりなる良性の皮膚病変です。ほくろホクロ)は良性ですが、次第に大きくなったり盛り上がったりします。色調は黒褐色や薄茶色が多いのですが、中には肌色のものもあります。大きさはほとんどが1cm程度までです。

ほくろホクロ)は、境界型(表皮と真皮の境界部で母斑細胞が増えている)、複合型(境界部と真皮の両方で母斑細胞が増えている)、真皮内型(真皮内で母斑細胞が増えている)といくつかのタイプに分かれます。幼小児期には境界型から複合型だったものが、時間の経過とともに真皮内型へと推移していくようです。大人の顔のほくろは真皮内型がほとんどです。