ほくろとメラノーマ 足の裏のほくろ除去

ほくろ除去取りから赤いほくろほくろとがんの関係までほくろについての何でも情報サイトです。足の裏のほくろは注意して観察しましょう。足の裏のほくろは危ないという話を耳にしたことがある人がいると思います。なぜ危ないのか!?ほくろについて勉強しましょう。 ほくろ(黒子、mole)は、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞=メラノサイトが、周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。メラノサイトが一層に並んでいるものを、狭義の黒子(こくし、lentigo)と言い、メラノサイトが重層したもの(しばしば持ち上げられた表皮が盛り上がって見える)を色素性母斑(pigmented nevus)あるいは母斑細胞性母斑(nevus cell nevus/nevocellular nevus)と言う(この場合、母斑を形成するメラノサイトを特に母斑細胞(nevus cell/nevocyte)と呼ぶ)。体表からは、黒く見えるのが一般的であるが、深い部分でのメラノサイトの増殖の場合、青く見えることもある(青色母斑という)。一般には過誤腫的なものと考えられているが、WHO分類分類では色素性母斑に限っては良性腫瘍として扱い、ICD-Oコード付けが成されている(8720/0など)。 日本語では古く「ははくそ(母糞)」と言った。文字通り「母胎内でついた母親の糞」の意であったが、鎌倉時代初期に色名の「くろ(黒)」とコンタミネーションを起こして「ははくろ(母黒)」という語が生じ、ハワクロ→ハウクロ→ホウクロという音韻変化を経て室町時代末期にほくろになったというのが通説である。

 
ほくろとは? メラノーマとほくろ 足の裏のほくろ ほくろの除去 ほくろ毛 赤いほくろ ほくろ占い ほくろ予防紫外線対策 プライバシーポリシー